Saturn Pro user manual (Japanese)

User manual (Japanese)

English  French  Spanish  Italian  Japanese  German  Hebrew  Korean  Thai 

Czech  Chinese

 

Avantree Saturn Pro User Manual

Bluetooth Audio Transmitter/Receiver 2-in-1

1.製品の説明

Avantree土星Proは、Bluetooth高品質オーディオストリーミング用の最新の「APTX低遅延」コーデックを内蔵する2イン1のBluetoothレシーバとトランスミッタです。

土星Proは使用が簡単で、送信および受信するすべてのオーディオデバイスを有効にします。 これは、CDプレーヤーなどのデバイスがBluetooth対応のスピーカーシステムやヘッドフォンに音楽を送信できるようにするために、同じように簡単にホームステレオシステムに音楽を送信する、または電話機を可能にするために使用することができます。 それは携帯用として、充電式バッテリーが含まれています。

その低遅延コーデックで、土星Proは、オンラインゲームプレイをサポートしています。 テレビ/映画オーディオ伝送。 リアルタイムの音楽録音、等

 

2.製品の概要

A.Avantree土星のプロ

B.3.5ミリメートル3.5ミリメートルオーディオケーブル

C.RCAオーディオケーブル

RCAオーディオケーブルにD.3.5mm

E.USB充電ケーブル

F.Warrantyカード

G.Userマニュアル

H.Quickユーザーガイド


3.どのように送信機として土星のプロを使用するには?  

ペアリングする前に、お使いのBluetooth受信装置が真のステレオオーディオをサポートしていることを確認してください。 (このようなBluetoothステレオヘッドセットAvantree Sacool、冥王星エアAvantreeのBluetoothスピーカーとして。)

A.土星Proはオフになっていることを確認し、その後、TXモードにスイッチボタンを押してください。

B.は、LEDが急速に青色に点滅するまで、周りに6-8秒間MFBを押し続けてペアリングモードに土星のプロを取得します。

C.は、同時にペアリングモードにお使いのBluetoothステレオレシーバーデバイスを取得します。

オーディオケーブルを介してなど、あなたのテレビ、iPodなどのオーディオソースのオーディオ出力ポートにプロD.接続土星。

E.は、それらが接続されていることを意味し、両方のLEDが遅くなるまで待って、1メートル以内にしてください。

注意:
1.ペアリングモードは2分続きます。 何のデバイスが2分で接続できない場合土星Proはスタンバイモードになります。

2.土星Proは、PINコード「0000」、「1111」、「8888」または「1234」でステレオBluetoothレシーバーデバイスとペアリングすることができます。

3.土星のプロの電源投入後、TXまたはRXモードを変更しないでください。 あなたが別のデバイスをペアリングする必要がある場合、あなたが必要とするモードを選択した後、最初のデバイスをオフにしてください。

 

4.どのようにレシーバとして土星のプロを使用するには?

A.土星Proはオフになっていることを確認し、その後、RXモードへの切り替えボタンを押してください。

B.は、ブルーとレッドを迅速かつ交互に光のLEDが点滅してまで、周りに6-8秒間MFBボタンを押し続けてペアリングモードに土星のプロを取得します。

お使いのスマートフォンのBluetooth対応、「プロAvantree土星の検索にC.骨壷は、接続するためにお使いの携帯電話をクリックしてください。 (例:iPhone:タップ「設定」→「一般」→「ブルートゥース」→「オン」)

オーディオケーブルを介してホームハイファイステレオシステムのオーディオ入力ポートにプロD.接続土星。

注意:
1.ペアリングモードは2分続きます。 何のデバイスが2分以内に接続できない場合、受信機はスタンバイモードになります。

ペアリングが失敗した場合2.再び上記の手順に従って、土星Proとペアの電源をオフにしてください。

3.土星のプロの電源投入後、TXまたはRXモードを変更しないでください。 あなたが別のデバイスをペアリングする必要がある場合、あなたが必要とするモードを選択した後、最初のデバイスをオフにしてください。

土星Proは受信機として使用する場合4.あなたは短いプレスMFBは、かつて音楽の一時停止/再生を制御することがあります。

 

5.電源オン/オフ

あなたが必要とするモード(TXまたはRX)にスイッチボタンを押した後、土星Proはオフになっていることを確認してください。

押して、青色のLEDが1秒間になるまで約3秒間MFBボタンを押し:電源をオンにします。

押して、赤色のLEDが1秒間にあり、その後消灯するまで、約3秒間MFBボタンを押し:電源をオフにします。

 

6.再接続

いったん電源をオンに、土星Proは、5秒以内に自動的に最後の接続されたデバイスと再接続します。 ない場合は、プロセスを刺激するために一度MFBを押すことができます。

注意:
何のデバイスが5分以内に接続できない場合土星Proは自動的に電源が切れます。

 

7.Get最大安定領域。

親切にも同じ側に2つのデバイスを配置し、受信機と送信機の間に障害物(壁の角など)がないことを確認してください。

 

8.充電

LEDが赤色に点滅するときは、デバイスを充電する必要があります。 これは、通常、完全にバッテリーを充電するのに約2時間かかります。 充電や充電が完了するオフになりますと、LEDが赤のままになります。

充電要件:
あなたは5V / 500ミリアンペア-1AまたはPCのUSBポートを使用して独自のUSB充電器(壁の充電器/旅行充電器/車の充電器など)に供給されるマイクロUSBケーブルを介して土星のプロを接続することができます。 これは、市場にほとんどの携帯電話の充電器を使用することが大丈夫です。

注意:

充電中1)を使用することができます。

2)いくつかのテレビやノートパソコンのUSB出力は不安定です。 充電しながら使用する場合、我々はあなたが壁の充電器の代わりにUSBポートに接続してお勧めします。

あなたは数ヶ月のためのデバイスを使用していない場合は、最初の充電時3)、LEDが赤色に点灯しない場合があります。 LEDが赤色に変わるまでには15〜35分かかることがあります。

4)私たちは、あなたが完全に少なくとも2ヶ月にデバイスを充電示唆しています。

 

9ペアとして2土星長所を使用しました

A. TXモード、プレスに1​​土星のプロを押して、LEDが急速に青色に点滅するまでMFBボタンを押したまま。

B.は、RXモード、プレス内に別の土星のプロを押して、LEDが交互に赤と青の点滅するまでMFBボタンを押したままにします。

C.は1メートル以内にそれらを保持し、LEDは、彼らがペアリングと接続されていることを意味し、ゆっくりと点滅するまで、約7秒待ちます。

D.接続TX、スピーカやヘッドフォンとして、受信アイテムになど、テレビ、MP3、ゲーム、などのソースやその他の音に1。

 

10.出荷時のデフォルト設定の復元

あなたが期待どおりに動作しない場合土星のプロをリセットする必要があります。 土星Proは工場出荷時のデフォルト設定にリセットされた場合、すべてのペアの携帯電話の情報が消去されます。

土星Proはオフになっていることを確認し、プレス、赤と青のLEDが1秒間に両方されるまでの周りの10〜12秒間、MFBボタンを押したままにします。 土星Proは、元の設定にリセットされました。 再度電源が投入された後、それは、直接モードにペアリング入ります。

 

11. LEDインジケータ

LEDインジケータ   TX / RXモードでの土星プロのステータス
LEDが急速にブルーに点滅します TXモードでのペアリングモード。 2分間続きます。
LEDが交互に続いて赤を青に点滅します RXモードでのペアリングモード。 2分間続きます。
LEDが点滅BLUE 1秒に1回 スタンバイモード。 他のデバイスに接続されていません。
LEDが点滅ブルーが5秒ごとに1回 SBCに接続されたデバイス
LEDが青二回、5秒ごとに点滅します APTXに接続されたデバイス
LEDが点滅が青の3回ごと
5秒
APTX低レイテンシで接続されたデバイス
LEDが青に4回、5秒ごとに点滅 AACデコードに接続されたデバイス
赤色LEDが点滅します 低バッテリ電源。 充電してください。

 

12.商品の仕様

•ブルートゥース3.0
•Bluetoothのプロファイル:A2DPとAVRCP
•オーディオコーデック:APTX-LL、APTX、SBC、AAC
•動作範囲:クラス2、10メートル
•TXモードバッテリー時間:15時間まで
•RXモードバッテリー時間:10時間まで
•スタンバイ時間:150時間まで
•充電時間:周りに2〜3時間
•充電入力電圧:DC 5V
•バッテリー:270mAH充電式リチウムバッテリーロン
•重量:約48.5グラム

注意:
別の携帯電話や他のBluetooth対応機器、使用設定、使用スタイルや環境で使用する場合の作業と待機時間が異なる場合があります。

Have more questions? Submit a request

Comments

Powered by Zendesk